社協について

 社会福祉協議会(以下、社協)とは、「地域社会において民間の自主的な福祉活動の中核となり住民の参加する福祉活動を推進し、保健福祉上の諸問題を地域社会の計画的・協働的努力によって解決しようとする公共性・公益性の高い民間非営利団体で、住民が安心して暮らせる福祉コミュニティ-づくりと地域福祉の推進を使命とする組織である」とされています。
 また社会福祉法では「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体と」規定されています。
(全国社会福祉協議会 発行「概説 社会福祉協議会 2011・2012」第1章p.2より抜粋一部改変)

 熊取町社協は、昭和61年に社会福祉法人化し、お互いに助け合いながら「共に生きる」社会をめざし、地域福祉活動を進めています。
 身近な地域の問題に住民の皆様が中心となって取り組んで行けるよう、必要な情報提供や、アドバイスを行い、皆さんと一緒に住みよいまちづくりをめざしています。