赤い羽根共同募金
 熊取地区募金会では、毎年10月からの「赤い羽根共同募金運動」を実施しています。
 共同募金運動には、毎年非常に多くの皆様のご協力により、善意の募金が寄せられています。
 共同募金運動に寄せられました募金は、大阪府内の民間福祉向上のために役立てられています。
 共同募金の歴史
 我が国における共同募金運動は、大正10年に長崎県社会事業協会が主体となって長崎市において行われた共同募金に始まっています。この運動は、その当時としては大規模な募金運動の最初のものでしたが、好成績を上げましたが1回限りで終わりました。
 今日の形での共同募金運動は、昭和22年に社会事業共同募金中央委員会が発足し、全国規模での募金運動を展開したことに始まる。以来、今日まで「赤い羽根」をシンボルとして国民に親しまれてきました。この運動は「国民たすけあい」の精神を基調とした社会連帯・相互扶助精神に基づいた地域住民の自主的活動として展開され、国民一人ひとりの善意がこの運動を支え発展させてきたことに大きな意義があります。
 共同募金運動は、国民各階層の社会福祉に対する理解と関心を培うとともに、民間社会福祉事業の発展に寄与し、社会福祉事業の推進に大きな役割を果たしてきました。
  共同募金の使い道
寝たきりのお年寄りや障がいのある方への在宅福祉サービスに 
ボランティア育成・研修や活動支援に
老朽化した福祉施設の改修に
障がい者の作業所の機器購入に
社会福祉協議会が実施する事業費に